みなさま、こんばんは。いつもアクセスありがとうございます。
午後から関東では雪の降ったところも多かったようですね。
雪の日は足元がすべる方が多かったり、車の運転などもあぶないので気を使いますね。
いかがお過ごしでしょうか。

本日はえつらくで根強い人気の「アーユルヴェーダ」のメニューから、デトックスマッサージ、「アヴィヤンガ」などについてご紹介します。

【●アーユルヴェーダとは?】

アーユルヴェーダの歴史、ドーシャとは? etc.コラムvol.69
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=69 


【●「アーユルヴェーダ」の日本での伝承の歴史(1)】

アーユルヴェーダで利用される薬物は、仏教と共に中国に伝えられ、7~8世紀頃に遣唐使らによって日本に伝来しました。
正倉院に伝わる薬物の中に、アーユルヴェーダ薬物を起源とするものが多数あると言われています。

【●アーユルヴェーダの根本理論】

アーユルヴェーダはインド発祥の伝統医学で、ユナニ医学(ギリシャ・アラビア)、中医学(中国)と共に世界三大伝統医学のひとつとして、相互に影響し合って発展していきました。
read more http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=167 

【●「トリ・ドーシャ」とは】

エステティックサロンやアーユルヴェーダサロンで受けるトリートメントの前には、必ず「ドーシャチェック」を行い、その後のケア内容を決めていきますね。
この「ドーシャ」とは何のことでしょうか。
read more http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=167 

【●アーユルヴェーダのマッサージ「アヴィヤンガ」】

「アヴィヤンガ」とは、全身オイルマッサージのことで、過剰なヴァータを排出するためのトリートメントです。
ヴァータを大腸に集めるために、心臓から末端に向かって行われます。

マッサージでは、ハーブを煎じたオイルを使用します。ハーブ療法の一種として行うため、7つのチャクラへの刺激も行われます。
ベースオイルは、温かいオイル(胡麻油)が使用されます。皮膚に浸透しやすく、抗酸化作用が強く、発汗が促進されます。

マッサージの手技は、アーユルヴェーダにペルシャの医学やユナニ医学が取り入れられた歴史から、東洋・西洋のテクニックの融合と日本伝統の手技とが相通じる部分もあります。
 
201201171051101
201304241029002


●えつらくで「アーユルヴェーダ」が受けられるサロン一覧☆
Ayurveda アーユルヴェーダ
http://eturaku.jp/cat_list.php?ccd=12 

●コラム&Tips☆「アーユルヴェーダ」
http://eturaku.jp/osirase.php?notice_id=167 


(参照:wiki)